ニュース
» 2008年09月12日 21時36分 公開

渋く輝く「G-SHOCK」――カシオ、時計の秋冬モデル発表会+D Style News

カシオが時計の秋冬モデル発表会を開催。控えめな光沢コーティングを施した樹脂とローズゴールドカラーのメタルを組み合わせたG-SHOCKなどが登場。

[ITmedia]
photo イラストレーターの中野シロウさんとのコラボレーションで生まれたG-SHOCKのキャラクターも展示されていた

 カシオ計算機は9月12日、「2008年 Autumn/Winter CASIO 時計新製品発表会」を開催し、同社時計製品の秋冬モデルを展示した。今回の発表会では9日に発表した「オシアナス」シリーズなどのタフムーブメント搭載モデルをはじめ、人気モデルG-SHOCKを中心に新作腕時計がズラリと展示された。

 今年は昨年の秋冬モデルでもトレンドだったゴールドカラーや春夏モデルで編集部が取り上げた光沢モデルなどが、引き続き注目のようだ。ここでは、黄金に輝く新作G-SHOCKを紹介しよう。


photo GIEZ「GS-1100BR-1AJF」(左)と、MT-G「MTG-1000BR-1AJF」(右)

 G-SHOCKの中でも大人向けのスタイリッシュなデザインが特徴の「GIEZ」シリーズからは、「GS-1100BR-1AJF」が登場。シブい輝きを放つローズゴールドカラーのメタルにブラックの樹脂という組み合わせだ。ポイントなのが樹脂部分のコーティングで、マットな雰囲気も残した抑えめな光沢で、これまでと違った質感を生み出している。10月発売で、価格は4万2000円。

 メタルと樹脂のコンポジットモデルを展開する「MT-G」シリーズの新作「MTG-1000BR-1AJF」も、ローズゴールドと光沢ブラックの組み合わせ。10月発売、価格は6万3000円。どちらのモデルも、世界5局(日本2局・アメリカ・ドイツ・イギリス)の電波に対応する「マルチバンド5」と「タフソーラー」を搭載した電波ソーラーモデルとなっている。

photo 「GW-1800BRJ-1AJF」(左)と「GW-700BRJ-1JF」(右)

 アナログとデジタルのコンビネーション文字盤を採用したG-SHOCK「GW-1800BRJ-1AJF」は、ブラックを基調に針やインデックスにはダークゴールドをアクセントとして配している。電波ソーラーモデルで、10月発売。価格は3万8850円。

 大きめのデジタル表示を採用したG-SHOCK「GW-700BRJ-1JF」は、メタルベゼルがローズゴールド、さらに文字盤はブラックとゴールドの反転液晶となっており、クールな雰囲気。こちらも電波ソーラーモデルで、10月発売。価格は3万5700円。

 そのほかのモデルも、追ってリポートする予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -