ニュース
» 2008年12月05日 16時28分 公開

ホンダ、F1撤退を発表+D Style News

ホンダがF1活動からの撤退を発表した。チーム売却も検討しつつ、従業員と協議に入る。

[ITmedia]
photo 2008年F1第18戦ブラジルグランプリでの様子(ドライバー:ジェンソン・バトン)

 本田技研工業は12月5日、F1レース活動から2008年をもって撤退することを発表した。サブプライム問題を発端とした経済情勢の悪化を受け、「将来への投資も含め、さらに経営資源の効率的な再配分が必要との認識から、F1活動からの撤退を決定した」(同社)。チーム売却も検討しつつ、従業員と協議に入る。

 同社は2000年より「B・A・R」との共同開発によってF1活動の第3期に取り組み、2006年からは同社が100%出資する“純ワークス”「ホンダ・レーシング・F1チーム」として参戦。同年のハンガリーグランプリではドライバー、ジェンソン・バトンが決勝レースを1位でフィニッシュし、第3期活動における初優勝を成し遂げた。


photophoto 2007年の日本グランプリ仕様マシン

 また、元F1ドライバーの鈴木亜久里氏が立ち上げた「スーパーアグリF1チーム」(2008年5月に撤退)にエンジンを提供するなど、積極的なレース活動を行ってきた。2007年からはスポンサーロゴを使用せず、環境問題をテーマにしたカラーリングをマシンに採用しレースに臨んだが成績は振るわず、2008年もチーム順位が11チーム中9位と苦戦が続いていた。

関連キーワード

本田技研工業 | 撤退


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -