ニュース
» 2004年06月10日 22時38分 公開

LANDesk、システム統合管理ソフトの最新版を発表

LANDesk Softwareは、システム統合管理ソフトの新版「LANDesk Management Suite v8.1」を発表した。

[ITmedia]

 LANDesk Softwareは6月10日、システム統合管理ソフトの新版「LANDesk Management Suite v8.1」を発表した。

 同製品は、クライアントPCのハードウェアとソフトウェアを集中的に管理できるツール。IT資産管理、パッチ管理、ソフトウェアのインストール、OSの移行、ソフトウェアのライセンス管理といった作業を単一のコンソールで自動処理できるのが特徴。

 新版では、インベントリ管理機能を強化したほか、ライセンス管理・機器の感知・リモートコントロールなどの機能を強化させた。LANDesk Patch Managerでは、Mac OSにも対応した。

 また、LANDesk Managementの追加モジュールとして、新たにITIL(IT Infrastructure Library)などの標準に従ってサービスやリソースを整理できる「LANDesk Asset Manager」も発表した。ITILはITサービスマネジメントのためのフレームワーク。

 また、ヘルプデスクシステムの「Peregrine Service Center」や「Remedy Help Desk」からLANDesk Management Suiteのインベントリ情報にアクセスできるコネクタも発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -