速報
» 2004年09月04日 08時56分 公開

ストレージ市場好調続く、HPはシェア縮小

ディスクストレージシステム市場全体の収入は前年同期比5%増の50億ドルとなり、4四半期連続して前年比の収入が増大。ストレージ容量は41.2%増え、4〜6月期中の出荷は総計275ペタバイトとなった。

[ITmedia]

 調査会社IDCが9月3日発表した統計によると、4〜6月期の世界外部ディスクストレージシステム工場収入は前年同期比8%増の35億ドルとなった。ネットワークストレージの広範な需要が牽引した形。

 ディスクストレージシステム市場全体では同5%増の50億ドルとなり、4四半期連続して前年比の収入が増大。ストレージ容量は41.2%増え、同四半期中の出荷は総計275ペタバイトとなった。

 ディスクストレージシステム工場収入に占めるシェアはHewlett-Packard(HP)が首位を維持したが、売り上げは8.9%減となりシェアは前年同期の26.5%から23%に縮小した。以下IBM(シェア20.3%)、EMC(14.4%)、Sun Microsystems(7.6%)、Dell(7.3%)の順。Dellは売り上げが21.7%の大幅増を示し、Sunに迫る勢いとなっている。

 外部ディスクストレージシステム市場では首位のEMCが売り上げを前年比19.5%伸ばし、シェアは20.7%。2位のHPは売り上げが8.3%減少、シェアは18.2%だった。3位のIBMは4.7%の売り上げ増でシェア13.5%となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ