ニュース
» 2004年09月10日 20時44分 公開

NEC、業務構築運用基盤ミドルウェアを販売開始

NECは、業務構築運用基盤ミドルウェア「DiosaGlobe MCOne for .NET」を製品化した。

[ITmedia]

 日本電気(NEC)は9月9日、業務構築運用基盤ミドルウェア「DiosaGlobe MCOne for .NET」を製品化し、販売活動を開始したと発表した。

 同ミドルウェアは、同社とマイクロソフトが締結した「.NET Framework」に関する戦略的提携関係に基づき製品化されたもので、基幹システム向けの可用性・運用性機能強化を支援する。

 これにより、アプリケーションを変更せずログ情報を自動的に採取可能としたり、サーバ増設時に必要なアプリケーションを自動的に配置可能としたりするほか、業務を中断せずにアプリケーションを機能強化・修正可能という。

 価格は、「DiosaGlobe MCOne for .NET AP開発部品」が4万9800円、「DiosaGlobe MCOne for .NET 業務運用」が29万8000円(いずれも税別)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ