ニュース
» 2004年10月22日 18時59分 公開

日立、BOXERにRSS対応コンサルティングサービスを追加

日立製作所は、企業向けBlogサービス「BOXERイントラブログ」にRSS対応のコンサルティングサービスを追加した。

[ITmedia]

 日立製作所 情報・通信グループは10月21日、企業などのイントラネットをBlogベースで構築するサービス「BOXERイントラブログ」のメニューに、「RSS対応コンサルティングサービス」を追加、10月25日から提供開始することを発表した。

 RSS対応コンサルティングサービスにより、特定のWebサイトやグループウェア、スケジューラーといったコンテンツから、更新日時と見出し、要約といった情報を効率よく収集、企業内における情報共有環境を向上させるという。

 このサービスでは、RSS対応の情報共有環境を実現するため、あらかじめ指定したWebサイトの更新情報や見出し、要約を収集して得た情報をサーバに蓄積した後、インデックス化する「RSSクローラー」、収集先の指定や収集した情報をブラウザで閲覧可能とする「RSSリーダー」、オフラインでBlogの投稿記事の執筆や編集が可能な「ブログオーサリングツール」などの対応ソフトウェアを用い、企業での情報共有を実現するためのコンサルテーションを行う。

 「イントラブログ」のRSS対応により、業務に関する情報を社内のイントラブログや社外のBlog、あるいはRSSに対応したWebサイトから、更新日時とその見出し、要約を含めて高率よく収集し、それを「イントラブログ」に掲載するなど、イントラネットを活用した情報共有を活発化することが可能になる。

 また、Linuxを搭載した自社のサーバ上で稼働するWeb型グループウェア「BROADNETBOXER V.」などといったグループウェアやスケジューラーからも更新された情報を収集可能になるなど、社内の最新情報もすばやく収集できる。このため、情報共有や情報交換を容易に実現するほか、社員の利便性がさらに向上するとの狙いだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ