ニュース
» 2004年11月09日 16時48分 公開

RSAセキュリティ、小規模スタート用のSecurID for Windows

RSAセキュリティは、Windowsのログインに利用できるワンタイムパスワード「RSA SecurID for Microsoft Windows」のスターターパックの販売を開始した。

[ITmedia]

 RSAセキュリティは11月9日、Windowsのログインに利用できるワンタイムパスワード「RSA SecurID for Microsoft Windows」のスターターパックの販売を開始した。

 スターターパックは、25ユーザー分のRSA SecurIDトークンと認証サーバ「RSA Authentication Manager 6.0 エンタープライズ・エディション」が含まれている低価格パック。

 37万8000円(税別)で、同一構成の標準価格119万6000円と比較して、3分の1の価格に抑え、中小企業や部門が単独で導入できるようにした。

 RSAセキュリティは、「スターターパックにより、RSA SecurIDの少規模スタートを支援すると共に、中小規模企業における導入を促進したい」とコメントしている。

 提供期間は2005年3月31日まで。別途1年間の保守料金(10万4800)が必要になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ