ニュース
» 2004年11月11日 22時02分 公開

ユニクロのインターネット店、アフィリエイトプログラム導入で販売強化

ユニクロを展開するファーストリテイリングのインターネット店は、アフィリエイトネットワーク「LinkShare」に参加し、「ユニクロアフィリエイトプログラム」として、同日から運用を開始したと発表した

[ITmedia]

 ユニクロを展開するファーストリテイリングのインターネット店は11月11日、三井物産が運営するアフィリエイトネットワーク「LinkShare(リンクシェア)」に参加し、「ユニクロアフィリエイトプログラム」として、同日から運用を開始したと発表した。オンライン販売の強化を目指すという。

 アフィリエイトプログラムでは、企業や組織、個人のWebサイトが、それぞれのサイト内にユニクロインターネット店へのリンクを掲載する。リンク経由でユニクロインターネット店で商品を購入した場合、一定の報酬がリンクを掲載したWebサイト(アフィリエイトサイト)に支払われる。

 ユニクロドットコム(インターネット店・モバイル店)は2000年10月にオープンし、2004年8月期には売り上げは50億円に達している。アフィリエイトプログラム導入にあたり、2004年秋冬号以降、カタログ通販を停止し、インターネット店・モバイル店に一層注力する。

 モバイル店は、iモード、ボーダフォンライブ!、Ezwebに対応しているが、アフィリエイトプログラムの対象ではない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ