ニュース
» 2004年12月13日 17時30分 公開

メディアラボ、Fedora Core3ベースの「Linux MLD mini 3.0 F」を発売

メディアラボは、Windows上で動作するcoLinuxベースのディストリビューションシリーズの第2弾として「Linux MLD mini 3.0 F」を発売した。

[西尾泰三,ITmedia]

 メディアラボは12月13日、Windows上で動作するcoLinuxベースのディストリビューションシリーズの第2弾として「Linux MLD mini 3.0 F」を発売した。20004年9月に発売された「Linux MLD mini 3.0 D」に次ぐ製品となる。MLDは「Media Lab. Distribution」の略。

Linux MLD mini 3.0 F Linux MLD mini 3.0 Fのデスクトップ画面(クリックで拡大します)

 同製品はFedoraCore3をベースにしたCD-ROM1枚サイズのコンパクトなディストリビューション。apt-getコマンドやyumコマンドでFreshRPMSリポジトリからアプリケーションの追加やアップデートが行える。

 仮想的に動作するOSであるcolinuxを採用しており、Windowsから簡単にインストールできるだけでなく、Windowsと同時にLinuxを利用できる。また、現状のcolinuxはWindows上に別途Xサーバが必要となるが、同製品では、XFree86、Cygwinの技術をベースにした、Windows用Xサーバソフトウェア「かんたんXサーバスタータキット+IMEプロキシ」をバンドルしている。

 そのほか、colinuxは仮想的なネットワークインターフェースを使用するが、通常のNICと同様にMACアドレスが必要となる。このため同製品には正式なMACアドレスが付属しており、インストール時にそれを入力することで、ネットワークを利用可能としている。

 colinuxは起動のための設定やネットワークの設定が通常のLinuxとは異なる。そのため、colinuxの設定やXサーバとの接続方法などを中心に分かりやすく解説したPDF形式のマニュアルが付属している。

 価格は5250円で、同社Webサイトからの直販方式(送料、配送手数料は無料)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ