速報
» 2005年03月29日 11時57分 公開

UCバークレー校で、学生データの個人情報が盗難

カリフォルニア大学バークレー校は9万8000人分の学生の個人情報を保存したノートPCを盗難されたと発表した。

[ITmedia]

 カリフォルニア大学(UC)バークレー校は3月28日、学生の個人情報が収められた大学のノートPCが盗難に遭い、警察が調査を進めていると発表した。同校の発表によれば、このノートPCには9万8000人以上の個人名と社会保険番号が収録されており、そのほとんどは同校の大学院生と大学院プログラムの受験者だという。

 このPCが盗まれたのは3月11日で、一時的に無人となった大学院事務室に何者かが侵入して盗んだとされている。

 盗難に遭ったPCに含まれている個人データは、2001年秋から2004年春までのUCバークレー校大学院受験者(ロースクールは除く)、1989年秋から2003年春までのUCバークレー校大学院入学者、1976年から1999年までの博士号取得者など。データの3分の1には誕生日、住所、社会保険番号などの個人情報が含まれていたという。

 含まれている情報の中には、古すぎて対象者をトレースできないものも含まれるため、同校では自分の情報が盗難データに含まれているかどうかをチェックするためのサイトを設けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ