ニュース
» 2005年04月05日 19時23分 公開

ダミーファイルにデータを隠す「ステガノグラフィ」採用のセキュリティソフト

プロトンは、暗号化技術に加えステガノグラフィ技術を組み合わせて重要なデータを保護するソフトウェア「Steganos Security Suite」を発表した。

[ITmedia]

 プロトンは4月5日、暗号化技術に加え、画像や音声などのファイルの中にデータを埋め込んで隠す「ステガノグラフィ」技術を組み合わせて重要なデータを保護するソフトウェア「Steganos Security Suite」を発表した。

 Steganos Security Suiteは、ドイツのSteganosが開発したPC向けセキュリティソフトウェア。PC上の重要なファイルを暗号化し、Windowsエクスプローラにも表示されない隠しドライブに保存するほか、WAV/BMP形式のダミーファイルの中にデータを埋め込み、隠蔽するステガノグラフィ技術を組み合わせ、個人情報の漏えいや第三者による覗き見、詐取を防ぐ。

 同スイートには、内蔵ハードディスクドライブだけでなく、CDやDVDをはじめとするリムーバブルメディアに保存したデータについても同じように暗号化を行う「Steganos Portable Safe」のほか、複数のパスワードを管理する「Steganos パスワード マネージャ」、データを完全に消去する「Steganos シュレッダ」といった機能が含まれている。

 Steganos Security Suiteの対応プラットフォームはWindows 2000/XP。価格は1万290円で、4月22日より販売を開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -