ニュース
» 2005年04月19日 21時20分 公開

Excel管理の個人情報をデータベース化するサービス

リンク・パソコンサポートは、Excelで管理している顧客ファイルをデータベース化する「E→DBサービス」を5月1日から開始する。

[ITmedia]

 リンク・パソコンサポートは、Excelで管理している顧客ファイルをデータベース化する「E→DBサービス」を5月1日から開始する。

 Excelファイルで管理された顧客情報をデータベースに移行することで、メールの添付ファイルなどにより、容易に持ち出せる状態をなくす。データベース化により、IDとパスワードによるログインでアクセス権限をつけたり、ログの記録が可能となり、情報漏えいリスクを低減されるほか、Excelファイルではできなかった複数人の同時入力などが行えるメリットもあるとしている。

 顧客ファイルが保存されているPCにデータベースソフトとWebサーバをインストールし、データベースへインポートする。ユーザーは、顧客情報へWebブラウザからアクセスできるという。

 東京・神奈川・千葉・埼玉の企業を対象にサービス提供し、価格は、Excelの1シート・データ1000件までで25万円から。追加機能の開発などや保守サービスなども要望に応じて請け負う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -