ニュース
» 2005年05月10日 15時06分 公開

エージーテック、カナダACL Servicesのデータ監査ツールを販売

エージーテックは、カナダのACL Servicesが開発したデータ監査ツール「ACL」日本語版を販売する。

[ITmedia]

 エージーテックは5月10日、カナダのACL Servicesが開発したデータ監査ツール「ACL」日本語版を販売すると発表した。

 同製品は、さまざまな条件を組み合わせて、多くのデータの中からエラーデータや不正データを発見し、傾向や問題を分析してレポートを作成できるソフト。運用上の不都合となるデータの抽出や、設定により法令の範囲を規定することで、コンプライアンスの確保などに利用できる。

 データ分析用に用意されたコマンドにより、複雑な分析が行えるほか、データ定義ウィザードやGUIインターフェースによりMicrosoft Officeに近い操作性を備えている。

 「ACL Desktop Edition」日本語版の価格は、1ユーザー当たり39万9000円。発売は6月1日から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -