ニュース
» 2005年05月10日 20時46分 公開

NEC、企業グループ全体にまたがるISMS展開を支援

NECは、企業グループや業界団体全体にまたがる情報セキュリティマネジメントシステムの構築、運用を支援するサービス「NetSociety for ISMS」を開始した。

[ITmedia]

 NECは5月10日より、複数の企業からなる企業グループや業界団体などを対象に、ISMS適合性評価制度に即した情報セキュリティマネジメントシステムの構築、運用を支援するサービス「NetSociety for ISMS」の提供を開始した。

 このサービスは、企業グループ、あるいは業界団体全体として一定の水準を満たす情報セキュリティマネジメントを実現したいと考える中核企業/組織を対象に、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)方式で提供されるものだ。

 同サービスでは、全体にまたがるISMS展開事業計画立案を支援するほか、会員企業向けには、NECのデータセンターを通じ、ASP形式で「標準ISMSコンテンツ」およびそれを活用しての導入支援研修を実施。さらに、ISMS適合性評価制度の「団体ネット審査」にも対応し、認証取得を支援する。

 ここで用いられる標準ISMSコンテンツは、NECとトーマツ環境品質研究所が共同で開発したISMSコンテンツをベースに、各グループの環境、実情を反映して作成するため、2カ月程度の短期間で作成できるという。また、ISMS適合性評価制度の団体ネット審査に対応することで、ISMS認証の取得に要するコスト、機関を大きく削減できることも特徴という。

 なお同サービスではオプションとして、プライバシーマークの取得、運用を支援するメニューも提供される。

 NetSociety for ISMSの料金は、事業主体者(中核企業など)向けサービスが6000万円から、会員企業向けの導入支援サービスは570万円から。NECでは今後3年間で20グループ/団体、会員総数1000社への提供を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -