速報
» 2005年05月13日 13時49分 公開

Microsoft、「PCの健康」を守る会員制サービスを発表

米MSが、セキュリティ、PCメンテナンス、バックアップなどを統合した会員制サービス「Windows OneCare」を開始する。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月13日、Windows OneCareを発表した。この会員制サービスは、Windowsマシンの保護、メンテナンス、パフォーマンスの最適化をオールインワンのパッケージで行うためのもので、まずはMS社員に配布されテストされる。今年後半に米国で公開β版が予定されている。このサービスの価格は公表されていない。

 Windows OneCareではワーム、ウイルス、スパイウェアなどからの防衛手段を備え、双方向ファイアウォールも装備する。ディスククリーンアップ、ハードディスク最適化、ファイル修復といったメンテナンスを定期的に実行する機能を持ち、起動時間の情報やサポートツールも装備する。リムーバブルメディアにデータを保存するバックアップ機能も備える。

 Microsoftは、統合されたサービスにより、1カ所でシステムの健康をチェックすることができるとメリットを強調する。アップデートやアクションの推奨を通知する機能はあるが、それ以外はバックグラウンドで静かに動作するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -