特集
» 2005年05月16日 00時00分 公開

ITR 内山悟志の提言:SEに求められる経営的視点 (1/3)

ITRアナリスト内山氏の寄稿の3回目。SEに経営的視点が必要であることを紹介する。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件)

[内山悟志(ITR),ITmedia]

  内山悟志 (アイ・ティ・アール代表取締役/アナリスト)

 企業のビジネスにおけるITの重要性が一層高まる中、情報システムと経営はもはや分離した、異なる課題でなく、強く結びついたもとのなっている。技術の専門家であるSEにも、開発および運用するシステムのビジネス上の価値や経営上の必要性について明確に説明できる能力が求められている。ここでは、SEが持つべき経営的視点について考察する。


何のための情報システムなのか

 さまざまな情報システム関連案件について、ユーザーから相談されたり、提案を要請されたりする機会は多いだろうが、SEはこれに対してどんな視点で考え、提案やアドバイスを提供すれば良いのだろうか。

 システム構築やITインフラの刷新など、企業が一定のお金をかけて何かをしようとする際には、必ず何らかの理由や背景が存在するはずだ。子供が玩具を欲しがるように、ただほしいからという理由でシステム化をする企業はない。

 SEが持つべき経営的視点とは、まず、相談や提案依頼の背景と理由を的確につかむことからはじまる。そしてそれについて、一段高いレベルの視点、すなわち、経営者の視点で再考してみることが重要となる。相談を持ちかけたり、提案を要請してきたりする直接の相手は、IT部門や特定のユーザー部門の担当者かもしれないが、最終的な判断を下したり、投資を決定するのはトップ・マネジメントの意思となる場合が多い。

 一般的に、システム化における経営者の関心は、どうやって作るのか(How)ではなく、なぜ作るのか(Why)であり、重要なのは投じる費用に対する経営やビジネスの効果、すなわちROI(Return on Investment)である。

 しかも、個別部門や個別業務における効果だけでなく、企業全体のレベルでの効果に着目することが多い。

 システム化によって、ある部門の業務効率は格段に向上するが、全社的な視点では取るに足らないものであったり、逆に業務品質や顧客サービスを低下したりということもありうる。担当部門や担当業務という小さな枠の中で局所的な解を求めるために、結果として全体的にはマイナスの効果しか生み出さないということも珍しくない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -