ニュース
» 2005年05月19日 17時28分 公開

アークン、暗号化したファイルをネット上でやり取りできるASPサービス

アークンは、個人情報などの機密ファイルを安全に共有・配信できるASPサービス「DataClasys あんしんファイル」の提供を開始した。

[ITmedia]

 アークンは5月19日、個人情報などの機密ファイルを安全に共有・配信できるASPサービス「DataClasys あんしんファイル」の提供を開始した。ユーザー認証や暗号化/復号用鍵情報を配信するDataClasysサーバを同社が管理することで、安価かつ即日利用できるのが特徴。

 同サービスは、機密性の高い情報を暗号化してインターネット上でやり取りを可能にする。暗号・復号化にユーザー認証用のIDファイルを利用して、権限に応じた利用が行える。ユーザーの利用権限が変わった場合に、管理者はリアルタイムに権限やグループ変更することができる。また、ユーザーの操作履歴もサーバに記録される。

 ファイルの暗号化を行うには、ファイルを右クリックして操作メニューから秘密区分を選択することで行え、複合はダブルクリックで行える。CD-ROMやUSBメモリにファイルをコピーしても、サーバ認証がなされなければファイルを復号化することができない。また、復号したままのファイルに対する警告機能も備えている。

 利用料金は1ユーザーあたり年間5000円。5ユーザーまで利用できるライセンスが2万5000円となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -