ニュース
» 2005年05月19日 21時35分 公開

DBセキュリティ管理ソフト「IPLocks」新バージョンがリリース

アイピーロックス ジャパンは、対応データベース/プラットフォームを拡張したDBセキュリティ管理ソフトウェア「IPLocks」新バージョンの出荷を開始する。

[ITmedia]

 アイピーロックス ジャパンは5月20日より、データベースセキュリティ管理ソフトウェア「IPLocks」新バージョンの出荷を開始する。

 IPLocksは、企業にとって重要な情報が格納されているデータベースのセキュリティに特化したソフトウェア。データベースの脆弱性評価やアクセスの自動監視/監査を通じてデータの破壊や改ざん、漏えいなどのリスクを抑える。

 新バージョンでは、Oracle DB監視時のSQL文キャプチャ機能が搭載された。監査データとSQL文の情報を組み合わせることで、データベースに対する操作をより詳細に把握し、結果としてより確実にデータベースの動作を監視できるようになる。

 また、対応プラットフォームとして、従来のLinuxやWindowsに加えSolarisがサポートされたほか、監視対象データベースに米NCRの「Teradata」が加わっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -