ニュース
» 2005年05月25日 22時25分 公開

ニイウスとUDB LINUXジャパン、ユーティリティ型ストレージサービスを提供

ニイウスとUDB LINUXジャパンは、企業向けユーティリティ型ストレージサービス「ニアストレージドットコム」を提供する。

[ITmedia]

 ニイウスとユーディービィー・リナックス・ジャパン(UDB LINUXジャパン)は5月25日、ユーティリティ型ストレージサービス「ニアストレージドットコム」を発表した。

 ニアストレージドットコムは、企業内にストレージ環境を用意することなく、月額料金ベースで必要な容量のデータストレージ機能をネットワーク経由で使用できるサービス。

 UNIX、Linux、Windowsなどの標準ネットワークプロトコルで接続でき、1Tバイトあたり月額12万円からの低価格に設定したという。サービスの提供開始は6月27日。

 両社では、2005年度で30社への導入を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -