ニュース
» 2005年05月30日 16時41分 公開

ゾンビPCの動向をリアルタイムに把握するWebサイト、米CipherTrustが公開

セキュリティ企業のCipherTrustは、ゾンビ化したPCの動向をリアルタイムに把握できるWebサイト「ZombieMeter」の公開を開始した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のCipherTrustは米国時間の5月26日より、悪意あるコードを仕込まれて「ゾンビ」化したPCの動向をリアルタイムに把握できるWebサイト、「ZombieMeter」の公開を開始した。

 ゾンビPCとは、「ボット」系ウイルスやワームに感染してトロイの木馬やバックドアを仕掛けられ、悪意あるユーザーの指示によって他のマシンにDoS攻撃を仕掛けたり、スパムやフィッシング詐欺メールなどの送信に用いられる状態のPCを指す。これらゾンビ化したPCが構成するネットワークは「ボットネット」などと呼ばれている。

 多くの場合ユーザーは、自らのPCがゾンビ化していることには気づかない。しかしゾンビPCが吐き出すトラフィックの量は大きな割合を占めており、スパムのうち80〜90%がゾンビネットワークによるものだという統計もある(関連記事)

 CipherTrustではこれまでも、メールセキュリティアプライアンス「IronMail」を通じて得られる情報をベースに、ゾンビPCに関する調査を行ってきた。4月20日に公表された同社の調査結果によれば、1日当たり平均で15万7000台ものゾンビPCが新たに発見されており、うち20%強を中国が占めていた。

 同社によると、ゾンビPCの動向は日ごとに変わるものだという。3月松から4月にかけての時期には、中国ベースのゾンビPCがかなりの割合を占めていたが、4月は中国および米国で多くのゾンビPCが発見された。さらに5月に入ってからはヨーロッパ諸国で新たなゾンビPCが多く観測されたという。

 ZombieMeterでは、世界地図上からゾンビPCの数の増減をグラフィカルに確認できるほか、ゾンビPCが多く検出されている国や地域が確認できる。これによると日本のゾンビPCが占める割合は4%で、ワースト7位となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -