ニュース
» 2005年05月31日 17時00分 公開

アスキーソリューションズ、SSL VPN機能備えたファイアウォールソフトの新バージョン

アスキーソリューションズは、ウイルス対策機能やSSL VPN機能を備えたファイアウォールソフト製品の新バージョン、「WinGate 6 日本語版」を発表した。

[ITmedia]

 アスキーソリューションズは5月31日、ウイルス対策機能やSSL VPN機能を備えたファイアウォールソフト製品「WinGate 6 日本語版」を発表した。

 WinGateは、ニュージーランドのQbik New Zealandが開発したプロキシベースのファイアウォールソフトで、外部へのアクセス制御機能やキャッシュサーバ機能も提供する。Standard版のほか、中小規模ネットワークをターゲットにした「Professional版」、遠隔オフィスを接続するVPN機能を備えた「Enterprise版」が用意されている。

 新バージョンでは対応プラットフォームが拡大し、Windows Server 2003やWindows XP Service Pack 2に対応したほか、Active Directoryとの連携機能がサポートされた。DMZ機能やメールサーバ機能も追加されている。

 さらにEnterprise版では、SSL VPNによる安全なリモートアクセスをサポート。またオプションとして、Kaspersky Labのウイルススキャンエンジンを追加し、Webやメール経由のウイルスの検出、ブロックを行えるようになった。

 アスキーソリューションズでは同日より、Webサイトを通じてダウンロード版の販売を開始。6月17日よりパッケージ版の提供を開始する予定だ。価格は、ダウンロード版の場合Standard版が1万1760円から、Professional版は2万6040円から、Enterprise版は3万5490円から。アンチウイルスオプションは、3ユーザーで1万1025円からとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -