カノープスと日本SGI、ハイビジョンでのノンリニアネットワーク編集システムで協業

カノープスと日本SGIはネットワーク環境によるハイビジョン対応リアルタイムノンリニア編集システムの構築・販売に関する協業を発表した。システムは2000万円台で7月から提供を開始する。

» 2005年06月13日 15時15分 公開
[ITmedia]

 カノープスと日本SGIは6月13日、全国の放送局、CATV局、映像制作プロダクション向けにネットワーク環境によるハイビジョン対応リアルタイムノンリニア編集システムの構築・販売に関する協業を発表した。

 今回の協業によりカノープスはハイビジョン対応リアルタイムネットワーク編集システム「EDIUS Net System」を、日本SGIはCXFSサーバおよびSANソリューションである高速共有ファイルシステムを提供し、ネットワーク型ハイビジョン編集システムの販売にあたる。システムは7月から販売する。

 従来、ハイビジョンでのリアルタイムネットワーク編集は大量のデータを取り扱うために困難な部分があったが、カノープスのハイビジョン用高画質、高速、画像データ圧縮伸長テクノロジー「Canopus HQ Codec」と、日本SGIが提供する「CXFS」を組み合わせることで、ハイビジョン対応でありながらリアルタイムのネットワーク編集を可能とした。

 最小システム構成(ノンリニア編集端末2台+CXFSサーバー・高速ストレージシステム)で2000万円台から。2008年度までに国内市場で10億円の売り上げを狙う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR