速報
» 2005年06月16日 19時39分 公開

サイバーテロよりウイルスが怖い――GarterのIT管理者調査

[ITmedia]

 IT管理者が最も恐れているのはウイルスとワームであることが、Garterが6月15日に発表した調査結果により明らかになった。

 この調査は、年商が7億5000万ドル以上で国際的に事業を展開している北米の133の組織のIT管理者およびIT部門スタッフを対象に2005年5月に行われたもの。

 「組織が最も懸念しているのはウイルスとワームだった。外部のハッキング・クラッキング、個人情報盗難、フィッシングも重大な問題と考えられている。サイバーテロは最下位だった」とGarterの情報セキュリティリスク担当副社長リッチ・モグル氏。

ITセキュリティの脅威 脅威度
ウイルス・ワーム 7.6
外部からのハッキング・クラッキング 7.1
個人情報窃盗・フィッシング 7.0
スパイウェア 6.8
サービス拒否(DoS)攻撃 6.6
スパム 6.3
ワイヤレス・モバイル機器のウイルス 6.2
内部の脅威 6.2
ゼロデイ攻撃 5.9
ソーシャルエンジニアリング 5.9
サイバーテロ 5.6

 回答者の半数が、今年はITセキュリティ支出を増やしたし、来年もそうする計画だと答えた。7割が、自分が働くIT部門のシステムとプロセスが1年前よりセキュアになったと考えている。

 ITセキュリティ支出において優先するものとして挙げられたのは、ファイアウォールや侵入検知・防止、アンチウイルスのほか、パッチ管理、ユーザー認証の強化、リモートアクセス、脆弱性評価、ID管理、フィルタリングなどだった。

 回答者の半数以上が、複数のベンダーから「ベストオブブリード」の製品を購入する方を好むと答えた。共通の枠組みの下で複数のベンダーのスイートを統合する方が好ましいとした回答者は3分の1以上に上った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ