ニュース
» 2005年06月20日 15時51分 公開

デル、PowerEdgeシリーズに64ビット版Windows Server 2003搭載モデルを追加

デルは6月21日より、64ビット版Windows Server 2003をプリンストールしたPowerEdgeサーバの新モデルの販売を開始する。

[ITmedia]

 デルは6月21日より、64ビット版Windows Server 2003をプリンストールしたPowerEdgeサーバの新モデル、9機種の販売を開始する。

 「Windows Server 2003 x64 Editions」日本語版が搭載されるのは、SOHOや中小企業をターゲットとしたエントリモデルの「PowerEdge SC1420/SC1425」のほか、「PowerEdge 1800/1850」「PowerEdge 2800/2850」、ハイエンドモデルの「PowerEdge 6800/6850」。ブレードサーバの「PowerEdge 1855」にも搭載される。

 デルは同時に、サーバ管理ソフト「OpenManage」もバージョンアップし、64ビット対応を図った。新バージョンのOpenManage 4.4は、SCシリーズ以外のPowerEdge製品に標準で添付されるという。

 同社は今回の対応によって、64ビット環境への移行を支援し、本格展開を推進するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -