ニュース
» 2005年06月22日 00時37分 公開

Google検索の秘訣――第3回 閉鎖されたサイトの情報を見たいできるSEは知っている:(2/3 ページ)

[江川雅志(知識工房),ITmedia]

一般的すぎる語句は検索キーワードとはならない(ストップ語)

 a、the、i、in、it、.comなどのキーワードは一般的すぎるため、検索から外されてしまうことがあります。このような語句を「ストップ語」と呼びます。(キャッシュの画面をみれば、キーワードとして含まれなかったことがわかります)

 このストップ語も検索キーワードとしたい場合には、半角でプラス記号「+」をキーワードの前につけます。プラス記号の前にはスペースを入れますが、後にはスペースを入れないので注意してください。

  • ITメディアを検索する(ストップ語対応なし)

『ITメディア』

 「IT」はストップ語のため除外され、「メディア」だけで検索されます。

  • ITメディアを検索する(ストップ語対応あり)

 → 『+ITメディア』

 「IT」と「メディア」のAND検索で結果表示されます。ちなみに、Googleでは、大文字と小文字を区別しません。「Google」でも「gooGLe」でも「google」で検索されます。

 日本語においては、カタカナ表記のゆれの違いを検索したい場合に有効です。Googleでは「サーバ」と「サーバ」「メール」と「メイル」などは同じものとして検索することがあります。これを入力したままの表記で検索するときに利用するのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ