ニュース
» 2005年06月22日 00時37分 公開

Google検索の秘訣――第3回 閉鎖されたサイトの情報を見たいできるSEは知っている:(3/3 ページ)

[江川雅志(知識工房),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

一連で意味をなす語句を検索する(フレーズ検索)

 まとまった語句(フレーズ)をそのままで検索したい場合は、そのフレーズを半角のダブルクォーテーション「"」でくくります。これを「フレーズ検索」といいます。

 語句を続けてならべても、Googleは、実は単語に分解して検索しています。(キャッシュの画面をみれば、Googleが実際にどのように分解したかが、色違いでハイライトされるのでわかります)

 語句の順序が変わると意味をなさないとき、ストップ語を含めたいとき、氏名や月日などもフレーズ検索にするとよいでしょう。使うと重宝する場面は意外と多いものです。次の例で、「"」でくくったときと、くくらないときとで検索結果を比べてみてください。

  • IT関連企業の名簿が欲しい

 → 『"IT関連企業" 名簿』

  • 6月13日のニュースを調べたい

 → 『"6月13日" ニュース』

 「フレーズ検索」は、検索オプション画面上の検索条件のところ(水色部分)で、「フレーズを含む」に対応します。


この記事は、メルマガ「3分でわかるネット検索のお作法」の内容を新たに加筆して掲載しています。

江川雅志(知識工房)


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ