IPA、サイト脆弱性対策のチェックポイントを公開

» 2005年06月23日 21時39分 公開
[ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)は6月23日、Webサイトの脆弱性を悪用した情報漏洩やページ改ざん被害の頻発を受け、対策チェックポイントリストをWebサイトで公開した。Webアプリケーション、Webサーバ、ネットワークそれぞれでセキュリティ対策が必要と呼びかけている。

 チェックポイントはWebアプリケーションが5点、Webサーバが7点、ネットワークが2点の計14点で、詳細は以下の通り。

Webアプリケーション

(1)攻撃の参考となる不要なエラーメッセージを返していないか

(2)公開すべきでないファイルを公開していないか

(3)ユーザからの入力値をチェックし、OSやデータベースへの命令文として実行してしまわないよう無害化しているか

(4)管理者権限など不要に高い権限でWebアプリケーションを運用していないか

(5)ログを記録しているか

Webサーバ

(1)見慣れないファイルやプログラムが置かれていないか、(2)サーバやミドルウェアなどに修正プログラムを適用しているか

(3)余分なサービスを立ち上げていないか

(4)不要なアカウントはないか

(5)パスワードが推測可能でないか

(6)ファイル、ディレクトリへの適切なアクセス制御をしているか

(7)ログを記録しているか

ネットワーク

(1)ルータ機器を使って不要な通信を遮断しているか

(2)ファイアウォールで通信を適切にフィルタリングしているか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR