速報
» 2005年09月13日 06時22分 公開

Business Objects、Symantec社長をCEOに引き抜き

フランスのビジネスソフトベンダーBusiness Objectsは、SymantecのVERITAS合併を推進したジョン・シュワルツ氏をCEOに据えた。

[ITmedia]

 ビジネスソフト企業の仏Business Objectsは9月12日、Symantec社長を務めていたジョン・シュワルツ氏をCEOに任命する人事を発表した。

 シュワルツ氏はSymantec社長として同社を年商27億ドルの規模に成長させ、最近ではVERITASの合併実現に尽力した。Symantec入りする以前はIBMに25年間勤務し、業界ソリューション部門責任者などの幹部を務めていた。

 Business Objectsのベルナルド・リオトー会長は「当社は現在、次の段階の発展を遂げるべき時にあり、ジョン(シュワルツ氏)は当社を未来へ導いてくれる完璧な幹部だ。卓越した経営者として、企業をマルチビリオンビジネスに育て上げる手腕は実証済みだ」とコメントしている。

 Symantecでは合併したVERITASの前CEOであるゲーリー・ブルーム氏がシュワルツ氏と共同社長となっていた。現時点ではSymantecの社長はブルーム氏となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ