ニュース
» 2005年09月16日 20時46分 公開

OpenDocumentの読み込みにも対応した「OpenOffice.org 1.1.5」日本語版リリース

オープンソースのオフィススイートの最新版「OpenOffice.org 1.1.5」の各国語版がリリースされた。

[ITmedia]

 OpenOffice.orgは9月16日、オープンソースのオフィススイートの最新版となる「OpenOffice.org 1.1.5」をリリースした。日本語版を含む各国語版がリリースされている。

 OpenOffice.orgは、ワープロや表計算、プレゼンテーション、ドローなどのソフトウェアからなるオフィススイート。Microsoft Officeとも高い互換性を備えているという。

 新バージョンでは、過去のバージョンに発見されたバッファオーバーフローの修正も含め、数多くの不具合が修正されている。また、バージョン2.0から標準ファイル形式となるOASIS OpenDocumentフォーマットの読み込み機能も搭載された。

 OpenOffice.org 1.1.5日本語版は、OpenOffice.org日本ユーザー会のWebサイトより無償でダウンロードできる。対応プラットフォームはWindows/Linux/Solarisで、Mac OS Xなど他のプラットフォーム向けのものも順次リリースされる計画という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -