ニュース
» 2005年09月26日 21時15分 公開

LAMP環境で低コストにBI環境を実現、アシストとOSJ

アシストとオープンソース・ジャパンは、オープンソースをプラットフォームとすることで低コストで導入できるBI製品「BI on LAMP」の販売を開始した。

[ITmedia]

 アシストとオープンソース・ジャパンは9月26日より、オープンソースをプラットフォームとすることで低コストでの導入が可能なビジネス・インテリジェンス(BI)製品「BI on LAMP」の販売を開始した。

 BI on LAMPは、いわゆるLAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)環境の上に、アシストのBIツール「WebFOCUS」を構築する、中小企業や事業部向けのパッケージ製品。オープンソースを活用することで、複数の経営情報を組み合わせた上で多角的な経営分析を行うBIシステムを、高いコストパフォーマンスで導入できる。

 サーバへのインストールサービスを含んでいるため、購入後すぐにセットアップし、利用できること、WebFOCUS対応のテンプレート追加によって他の業務システムとの連携が容易なことなども特徴だ。

 BI on LAMPの価格は、環境構築やトレーニング費用を含んで325万円から。販売およびサポートはオープンソース・ジャパンが行い、今後1年間で30社、1億円の売り上げを目指す。

 またアシストでは、BI on LAMPを、オープンソースを活用したソリューションの第一弾と位置付け、引き続きオープンソース・ジャパンとともにソリューションの拡充に取り組むほか、ベンダーやシステムインテグレータなどパートナー企業との連携を推進していく方針。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -