ニュース
» 2005年09月28日 20時58分 公開

フォントのモリサワ、米eSoftのセキュリティアプライアンスを発売

モリサワは、米eSoftが開発した中小企業向けセキュリティアプライアンス「ThreatWall」シリーズの販売を開始する。

[ITmedia]

 モリサワは9月28日、米eSoftが開発したセキュリティアプライアンス「ThreatWall」シリーズの販売を開始することを発表した。

 ThreatWallは、中小企業をターゲットにしたセキュリティ製品。eSoft独自のアプリケーション配信システム「ThreatWall SoftPak」を組み合わせることにより、電子メールとWebトラフィックを監視してウイルスやワームを除去するほか、コンテンツフィルタリング、アンチスパムやURLフィルタリングといった機能を提供する。

 規模に応じて、10〜250ユーザー規模のネットワークを対象にした「ThreatWall 200」と、1000台規模のネットワークに対応する上位機種「ThreatWall 300」の2モデルが用意されている。価格はそれぞれ41万7900円、89万2500円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -