ニュース
» 2005年10月03日 20時42分 公開

KDE 4で劇的に変わるデスクトップ (1/3)

現在KDEの開発者たちは今、世界でもっとも普及しているフリーデスクトップの表示や動作を劇的に変化させるプロジェクトに取り組んでいる。具体的な部分について見てみよう。

[Tom-Chance,japan.linux.com]

 年に一度のKDEカンファレンス、aKademy 2005の余韻もおさまったところで、現在KDEの開発者たちが取り組んでいる課題について取り上げてみることにしよう。KDE 3.5もまだリリースされてはいないが、開発者たちは既にKDE 4に取り組んでいる。既に多くの作業がQt4(KDEのベースとなるGUIのツールキット)に既存のコードを移植する段階に来ており、KDE開発者たちは、世界でもっとも普及しているフリーデスクトップの表示や動作を劇的に変化させるプロジェクトに取り組んでいる。

 KDE 3.5は10月後半のリリース予定だ。このバージョンでユーザーや開発者に提供されるデスクトップは、成熟して安定したものであり、さまざまなアプリケーションが統合されているであろう。

 KDE開発者たちにとって、KDE 4は新しいコンセプトやアプリケーションを実験したり取り入れたりする機会であり、それによって現在のアーキテクチャに基づいたデスクトップよりも、さらにパワーアップされたものができると考えている。KDE 3においてアーキテクチャが大きく変更されたのと同様に、KDE 4でもデスクトップ環境の変更を行い、サードパーティによるアプリケーションの開発を急増させたいと考えている。KDE 4のリリースは少なくとも1年以上先になりそうなので、開発者が実験に費やすことのできる時間は充分にある。

Appealを使ったデスクトップ

 Appealは非常に野心的な新しい活動であり、ソフトウェアプロジェクトというよりは「変化への宣言」というべきものである。1996年のKDEプロジェクト発足以来、KDEプロジェクトの方向性を決めてきたのは開発者たちである。ユーザビリティの専門家やアーティストたちがKDEで果たす役割の重要性は増してきているとはいえ、位置づけとしては、ほとんどできあがった作業を仕上げる程度のものであった。Appealの目的はこれを変えることだ。Appealプロジェクトは、アーティスト、ユーザビリティ専門家、プログラマー、KDEの熱心な支持者を開発の初期段階で結集する仕組みであり、そのためにオフラインで会合を開き、またメーリングリスト、Wiki、Web フォーラムなどを通じた継続的なコミュニケーションを維持している。

ファイル階層に依存しないファイル管理法

 Appealにおける重要な活動のひとつはTenorという「文脈連結エンジン(contextual linkage engine)」だ。Tenorは文脈データ(MP3に格納されたメタデータ、テキストファイルの内容、ファイルとそのファイルを作成したアプリケーションとの関連など)を集め、別のKDEフレームワークを通じてアプリケーションに渡すものだ。これによりアプリケーションは、より便利なファイル検索の方法をユーザーに提供することができる。たとえば、Tenorを使ったアプリケーションなら「過去1週間にWebからダウンロードしたすべての画像」のリストを取り出すことができる。

 Tenorで最も目を引くアプリケーションはデスクトップ検索であろう。これはGNOMEにおけるBeagleという素晴らしい検索ツールに相当するものだ。しかし、Tenorプロジェクトの主導者であるScott Wheeler氏はさらに先を見据えており、「どうすればデスクトップ上に集めたデータをもっと簡単に管理できるだろうか」というテーマを持っている。したがって、ユーザーがドキュメントを検索しやすくなるだけでなく、アプリケーションの開発者にインタフェースの変更を可能にするデータを提供することができるだろう。たとえば、現在のKDEコントロールセンターでは設定モジュールがわかりにくい階層構造で管理されているが、検索インタフェースを使って、関連する項目や、使用パターンから得られた情報を表示できるようになるかもしれない。

 Tenorが開発されている方法から考えると、KDE 4がリリースされたときにどのような形で使われているのかを予測するのは難しい。Wheeler氏自身はTenorを使ったアプリケーションを開発する予定はないが、他の開発者が適宜使えるようにフレームワークを提供することをしている。開発者たちがTenorを使い始めれば、デスクトップに革命的な変化が起こり、検索やナビゲートが可能なWeb状のデータ管理が従来の階層構造のデータ管理に取って代わるだろう。

次ページ:より機能的で美しいデスクトップ

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -