ニュース
» 2005年10月11日 15時06分 公開

NECとシスコ、不正PC接続検知ソリューションで協業――不正PC接続検知アプライアンスとNACを連携

NECとシスコシステムズは、社内ネットワークに接続される不正PCの検知ソリューションの提供で協業すると発表した。

[ITmedia]

 NECとシスコシステムズは10月11日、社内ネットワークに接続される不正PCの検知ソリューションの提供で協業すると発表した。

 NECの不正PCの接続検知アプライアンス「InterSec/NQ30a」とシスコのNetwork Admission Control(NAC)ソリューションを組み合わせて、導入・運用が容易な不正PCのアクセス検知システムを構築、不正PCの持ち込みなどによるウイルス拡散や情報漏えいなどを防止する。

 NACに対応したシスコのネットワーク機器は、ウイルス対策が適切に行われていないなど、セキュリティポリシーを満たさないPCの隔離などのアクセス制御を可能にする環境を構築できるが、これにInterSec/NQ30aを組み合わせることで、部外者などの許可していないPCに対する社内ネットワークへの接続を検知、防止を実現させる。

 この協業に連携するウイルス対策ソフトとして、既にトレンドマイクロの「ウイルスバスター コーポレートエディション」での動作確認を実施しているとしている。また、NECのネットワーク運用管理ソフト「WebSAM NetvisorPro」を用いることで、シスコの機器を含めたネットワーク構成全体を監視して運用を効率化させる。

 プロモーション活動も共同で展開し、10月18日〜19日に開かれる「CiscoWave 2005」のNECブースで連携ソリューションを展示する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -