速報
» 2005年10月13日 08時19分 公開

米国企業のIT投資、来年は5.5%増加

Gartnerの調査によると、2006年の米国企業のIT予算は引き上げられる傾向にあり、特に携帯機器購入の優先性が高まるという。

[ITmedia]

 調査会社Gartnerが10月12日発表した調査によると、米国企業は2006年にIT投資を5.5%増額する計画だ。

 セキュリティとストレージへの投資は横ばいとなる一方、携帯機器の購入は優先性が高まる。また、開発ツールとミドルウェアも重点項目となる。

 調査は米国に拠点を置く企業のIT管理者約1500人を対象に6月から8月にかけて実施され、2006年のIT投資計画について尋ねた。

 IT予算の引き上げ幅が最も大きいのは中小企業で、従業員20〜99人の企業では7%増額を計画。一方、500〜999人の企業では2.4%の増額にとどまった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -