ニュース
» 2005年10月14日 16時43分 公開

既存のPCを流用してシンクライアント環境を実現――日本アボセント

日本アボセントは、シンクライアントソリューション「LongView」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 日本アボセントは10月14日、シンクライアントソリューション「LongView」シリーズを発表した。

 LongViewは、サーバインタフェースモジュールとCAT5ケーブルにより、PC本体のI/Oポートとユーザーステーション間を最大300メートルまで延長して、シンクライアント環境を実現する製品。既存のPCを利用して、専門知識を必要なく導入できるのが特徴という。

 ユーザーステーション「LV1000R-105」と、PS/2コンピュータ対応のサーバインタフェースモジュールとユーザステーションをセットにした「LV1000P-105」、USBコンピュータ対応の「LV1000U-105」を発売する。

 価格はオープンプライスとしている。それぞれ11月に出荷する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -