ニュース
» 2005年10月17日 19時47分 公開

アクティブ・ウェーブ、スペインAnfibiaの情報漏えい対策ソフトを販売

アクティブ・ウェーブは、スペインAnfibiaのPCセキュリティ管理・監視ソフト「デスクトップ オービター」を10月21日から販売する。

[ITmedia]

 アクティブ・ウェーブは、スペインAnfibia SoftwareのPCセキュリティ管理・監視ソフト「デスクトップ オービター」を10月21日から販売する。

 同製品は、ネットワーク上のPCの利用状況を常時監視し、利用履歴を記録するほか、PCの利用制限を行えるソフト。使用するアプリケーションやその使用時間、インターネット利用、印刷実績などを自動的に記録して、情報漏えいなどが発生した場合の原因究明に役立てられる。

 PC利用制限機能も備え、セキュリティポリシーを基に特定のドライブへのアクセスや、アプリケーション利用、PCの使用時間などを制限することも可能で、禁止操作が行われた場合には、利用者へ警告を出して不正利用を防止させることもできる。リポートは、PC単位でCSVやExcel、HTMLなどの形式で生成する。

 ログの収集やリポート作成を行う管理ソフトとクライアントPCに導入するエージェントソフトで構成され、対応OSはWindows 2000/XP/2003。

 価格は、5ライセンス版が12万9150円、10ライセンス版が7万1150円など。家庭での利用を想定した1ライセンスのファミリー版も提供する。こちらの価格は1万2600円となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -