ニュース
» 2005年11月24日 15時48分 公開

中堅・中小のスーパー・小売店向け、カード・クレジット基幹システムの共同利用サービス

日立情報システムズは、カード・クレジット基幹システムを共同利用して、クレジットカードの企画から決済業務運用までを受託するサービスを4月に開始すると発表した。

[ITmedia]

 日立情報システムズは、カード・クレジット基幹システムを共同利用して、クレジットカードの企画から決済業務運用までを受託するサービスを4月に開始する。クレジット機能の付いたハウスカードを発行して、顧客の囲い込みやサービス向上を目指す中堅・中小規模の百貨店、スーパー、小売店などへの拡販を狙う。

 アイエスアイが開発したオープン系カード・クレジット基幹システム「EXPAY」を共同利用するための運用基盤を日立情報のデータセンター内に構築し、2006年4月から運用を開始。共同利用型のワンストップサービスとして提供して、顧客側に運用面での負担などをかけずに利用できるようにする。

 同システムを運用する日立情報のデータセンターはISMS認証やプライバシーマークを取得しており、安全なシステム運用を実現しているとしている。同社は、2008年3月末までに25社の顧客獲得を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ