ニュース
» 2005年12月01日 17時07分 公開

TIS、USBポートを利用するクライアント簡易監査サービスを提供開始

TISは、USBポートからレジストリを調査して簡易セキュリティ対策を行う国内初のサービスを提供開始する。

[ITmedia]

 TISは、「SecureOne(セキュアワン)/クライアントPC簡易監査サービス」を、2005年12月1日より提供する。

 これは、TISがすでに提供しているトータルセキュリティサービス「SecureOne」の新サービスで、PCのレジストリデータを解析し、監査結果報告書をユーザー企業に提供するもの。PCにUSBポートさえあれば、特別なソフトウェアをインストールしたり専用のサーバを導入したりする必要がなく、簡単かつ低コストでPC監査を行うことが可能となる。USBポートからのレジストリ調査によるPC監査サービスは国内初という。

 レジストリデータを解析することで、そのPCを使用しているユーザーの行動履歴(ファイルへのアクセス履歴、インターネット検索履歴、外部機器接続履歴など)が把握でき、社内ルールに違反したPCの使用や不正行為の監査が可能となる。

 本サービスは、同社および販売チャネルを含め、初年度300社への販売を目標とする。価格は監査対象PC1台につき30,000円(PCの台数により割引)で、監査対象OSはWindows 2000、Windows XP、Windows 2003 Server。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -