ニュース
» 2005年12月06日 15時57分 公開

NEC、情報漏えい対策ソフト「InfoCage」を機能強化

NECは、重要ファイル印刷後の不正利用を抑止する操作監視機能や運用管理ソフトとの連携機能を強化した情報漏えい対策ソフト「InfoCage」を発売する。

[ITmedia]

 NECは12月6日、情報漏えい対策ソフト「InfoCage」にファイル操作監視機能やシステム運用管理ソフトとの連携機能を追加し、さらに管理対象クライアント数の拡大やクラスタソフトなどへの対応を図り、順次発売を開始する。

 重要ファイルのコピー、印刷、メール配布などの操作履歴を記録するソフト「InfoCage/ファイル操作監視」と、パソコン上での印刷指示時およびプリンタ出力時にICカードを利用した二重のユーザ認証を行なう同社のプリンティング・セキュリティソフト「iPrinting.Secu@(アイプリンティングセキュア)」との連携を新たに追加した。これにより、ユーザ認証による印刷者の管理に加え、各ファイル固有のID番号を埋め込んで印刷することが可能となる。重要ファイルに対する操作を印刷後も監視することで文書のトレーサビリティ向上を図り、不正利用の抑止を実現できる。

 また、InfoCageと同社の統合運用管理ミドルウェア「WebSAM Ver.6」との連携機能を新たに提供する。InfoCageの各種製品が検知した不正アクセスや改ざんなどの情報や処理エラーの情報をWebSAMで一元的に管理する機能や、各パソコンに対してInfoCageのクライアントソフトを遠隔地から一括して配布・導入する機能を提供する。これらにより、情報漏えい対策システムの効率的な運用を実現することができる。

 機密ファイルの外部記憶媒体への保存や印刷などの持ち出し操作を制限する「InfoCage/持ち出し制御」については、管理対象クライアント数を従来の1千台から3千台に拡大することや、同社の高可用性クラスタソフト「CLUSTERPRO」への対応も図られる。

 さらにハードディスクのデータ消去ソフト「InfoCage/データ消去」については、RAID構成(注)のハードディスクのデータ消去を新たに可能とする。

製品名 価格 出荷開始時期
InfoCage/ファイル操作監視 31万2000円〜 2006年3月
InfoCage/持ち出し制御 V2.1 41万2000円〜 2005年12月6日
InfoCage/データ消去 1万5000円〜 2006年1月末
WebSAM Ver.6連携 100万円〜 2006年3月

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -