ニュース
» 2005年12月12日 18時00分 公開

中小企業もメールの情報管理は自社で行う――ミラポイントの中小企業向けアプライアンス

ミラポイントは、中小企業向け電子メールサーバアプライアンス「Mirapoint Massage Server M50」を発表した。メールの情報管理を自社で行いたい中小企業のニーズに対応する。

[堀哲也,ITmedia]

 ミラポイントジャパンは12月12日、中小企業向け電子メールサーバアプライアンス「Mirapoint Massage Server M50」(M50)を発表した。最近では、中小企業でも情報管理の点から自社でメールサーバを構築・運用したいというニーズが増えてきているといい、簡単かつ安全にメールサーバを管理できる製品として売り込む。

 同社は、これまでアプライアンスのメールサーバのパフォーマンスと管理の容易さを売りに、ISPや1000名を超える大企業や学校などをターゲットにして成長してきた。最近では、スパム対策などに力を入れるなど、電子メールソリューションの専業ベンダーとして浸透しつつある。

Mirapoint Massage Server M50 Mirapoint Massage Server M50

 今回発表した新製品M50では、これらエリアで培った強みを生かしながら50〜500名規模の中小企業顧客の獲得を狙う。個人情報保護法など、情報セキュリティの徹底を求める社会的な流れを受けて、自社でメールサーバを持ち、社外に送信されるメールを管理したいという中小企業が増えており、このニーズの取り込みたいという。

 同社のSEマネジャー佐藤栄治氏は、「この規模の企業はホスティングなどの共有サービスを利用してきたが、個人情報保護法により、自社のきめ細かいポリシーの下で、メールを管理したいと考えるようになってきた。電子メールを監視したり、送信される個人情報ファイルをフィルタしたいのは中小企業も同じだ」と話す。

セキュリティの管理も一緒に行える

 M50は、Pentium4/3.4GHzを搭載した1Uサイズのアプライアンスサーバ。ギガビットイーサを2ポート装備し、RAID1構成のHDDを搭載する。POPでの使用に適した標準モデルの「M50-B1」と、IMAPやWebメールに適したハイスペックの「M50-B2」の2モデルを用意しており、M50-B1は53Gバイトのユーザー使用容量、M50-B2は113Gバイトのユーザー使用容量となっている。

 メールサーバとウイルス対策やスパム対策などセキュリティ設定を共通の管理画面から行えるため、運用が用意なのも特徴だ。「ソフトウェアを買ってきて、メールサーバを構築すると、セキュリティは別のツールで管理しなければならない。M50ならば、煩雑になることで高まる管理コストを低減できる」と、プロダクトマーケティング&テクニカルのシニアマネジャー徳久賢二氏。

 そのほか、スケジューラなどのグループウェア機能も搭載した。価格は、M50-B1が189万円、M50-B2が241万5000円。別途、50ユーザー分のPoPアクセスなどを可能にする「メールパッケージ」や、ウイルス対策やスパム対策のシグネチャを提供する「セキュリティパッケージ」も必要となる。オプションとなるメールパッケージ、セキュリティパッケージは、それぞれ31万5000円、10万5000円(毎年更新)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ