ニュース
» 2005年12月13日 13時55分 公開

WebsenseとSun Java System Web Proxy Serverが技術統合、セキュリティを強化

ウェブセンスとサンが技術統合し、プロキシサーバにきめ細やかなアクセス管理機能が搭載される。

[ITmedia]

 ウェブセンス・ジャパンは13日、同社のWebsense v6.1がサン・マイクロシステムズのSun Java System Web Proxy Server 4.0との技術統合を発表した。

 アクセス管理ソリューションを提供するウェブセンス・ジャパンは、今回の発表によってサンの顧客へインターネットゲートウェイ、ネットワーク、デスクトップに限らず、社外勤務の従業員とWeb利用のアクセスポリシーを提供できるものとしている。

 Sun Java System Web Proxy Serverは、エンタープライズとインターネットサービスプロバイダ(ISP)に向けたWebコンテンツキャッシングとフィルタリングを行うプロキシサーバソフト。Websense v6.1と技術統合することで、IT管理者にトラフィックの効果的な管理を提供でき、すべてのネットワークアクティビティの報告機能を実現可能となる。Websenseによるフィルタリングポリシーエンジンには、スパイウェアやキーロガー、悪質なコードが埋め込まれたサイトに対し有効であり、フィッシングサイトなどを含む90以上のカテゴリに分類したWebコンテンツに対し、「ブロック」「許可」といったアクセス制御が可能。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -