ニュース
» 2005年12月14日 15時37分 公開

ドコモとMS、FOMAとExchangeの同期ソフトを共同開発

ActiveSyncプロトコルに対応したiアプリを共同開発する。ミドルウェアを使わず、Exchange Serverに直接接続し、メールや予定を参照、同期できるようになる。

[斎藤健二,ITmedia]

 NTTドコモとマイクロソフトは12月14日、FOMAとExchange Serverをパケット通信を使って同期させるiアプリのクラインアントソフトを共同開発することに合意したと発表した。2006年春に開発を完了する計画だ。

 携帯電話から、企業内にあるExchange Serverの電子メールや予定表データなどを参照したり同期したりできるようになる。

 これまでも携帯電話から企業内のサーバにアクセスするソフトは多数あったが、携帯からのアクセスを受け付けるミドルウェアが必要だった。今回、Exchange ActiveSyncプロトコルを使うクライアントソフトを開発することで、「FOMAにiアプリを入れれば、企業内のシステムに何も入れなくても、Exchangeに接続できる」(マイクロソフト)ようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -