ニュース
» 2006年01月17日 14時07分 公開

日本ユニシスがRSAセキュリティと協業、SecurIDなどの販売開始

日本ユニシスはRSAセキュリティと協業を結び、ワンタイムパスワード製品「RSA SecurID」などの認証/アクセス管理製品の販売を開始した。

[ITmedia]

 日本ユニシスとRSAセキュリティは1月17日、認証セキュリティ分野で協業することを発表した。

 これにともない日本ユニシスは、RSAセキュリティが提供するIAM(個人認証とアクセス管理)製品の販売代理店となる。ワンタイムパスワード製品の「RSA SecurID」やシングルサインオンシステムの「RSA ClearTrust」、ID管理システムの「RSA Federated Identity Manager」といった製品群を、コンサルティングやシステムインテグレーションといったサービスと組み合わせて販売していく。

 日本ユニシスではRSAセキュリティとの協業により、SAMLをはじめとする業界標準に準拠した認証/アクセス管理製品を通じて、企業および企業が提供するサービスを利用する個人向けに安全な環境を提供していくとしている。同社は今後2年間で、IAM製品群に関して3億円の売り上げを目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -