ニュース
» 2006年02月01日 19時51分 公開

スカイアークシステム、MovableType投稿ツール正式版へ

スカイアークシステムは、Movable Typeの更新を容易に行うことを狙いとした専用管理画面「MTCMS」の正式版をリリースした。

[ITmedia]

 スカイアークシステムは1月31日、Movable Type(以下、MT)に誰でも簡単に投稿できるツールとしてβ公開していたMT専用管理画面「MTCMS」の正式版を公開した。ライセンス価格は法人向けライセンスが1サーバー、5ユーザーで6万3000円。個人向けライセンスは現在準備中とのこと。また、MTCMS正式版リリースに合わせてシックス・アパートと共同で「MTCMS」発売記念の「Movable Typeバンドルパック」及び「MTCMS」を特別価格で数量限定の販売キャンペーンも実施する。

 MTCMSは、MTがインストールされているサーバ上に「MTCMS」をインストールするだけでよく、MTと完全同期することで設定完了する。Webブラウザでのアクセスのため、ネット環境さえあれば、どこからでも更新することが可能となる。なお、OSはWindows、ブラウザはInternet Explorer 6以上かFirefox 1.0をサポート。WYSIWYGエディタ実装で更新が容易であり、Excelデータをコピー&ペーストで張り付けることも可能。さらにファイル管理機能を搭載し、FTP接続をしなくてもWeb上からファイルのアップロード、挿入、画像の回り込み、マージン、サイズが指定できる。

 「MTCMS」発売を記念した販売キャンペーンは、通常価格6万3000円のところ、現定数30本のキャンペーンセット価格2万1000円。これに加え、MTの1サーバ、5ユーザー(定価3万1500円)とMTCMSとをセットにした「MTバンドルバック」は現定数30本のキャンペーンセット価格3万1500円、となっている。なお、MTCMSは単体では動作しない。別途MTが必要となる。

 同社は、今後はMTとの連携を更に強化し、アクセス解析やポッドキャストなどの実装を行って、総合Webサイト管理ツールへと進化させていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -