レビュー
» 2006年02月27日 13時00分 公開

迷惑メールを効率的にブロックホワイトペーパー

増える一方のスパムメール。現在、受信メールのうち25%以上がスパムメールという調査もあり、今後ますます増える見込みだ。ネットワークからの脅威を未然に防ぐにはどうすればよいのか。

[ITmedia]

 調査によれば、現在、受信メールのうちスパムメールが25%以上であり、2007年までにはその比率は85%にまで上がるとの推測もある。最近では、スパムメールだけでなく、スパイウェアのような個人情報・企業機密の収集を目的とした悪質なものもある。

 ここでは、スパムメール対策で使われる18種の検出技術と、有効な迷惑メールの管理方法を中心とした技術を解説。扱っているスパムメール防止技術としては、ブラックリスト/ホワイトリスト、DNS Lookup、アンチスプーフィング、メールサブジェクトの分析、アンチリレーなどがある。アラジンジャパンの「eSafe Gateway」では、この18項目のうち10項目を標準装備し、残り8項目をオプションで提供している。また、eSafe Gatewayを用いたスパムメールの管理(スパムリポートの作成、スパムメールの隔離)や誤検知の対策についても紹介している。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ