ニュース
» 2006年03月02日 13時24分 公開

1秒間で100万人の顔を照合――NEC

NECは顔認証技術を活用した製品やシステムを開発するための基盤ソフト「NeoFace」シリーズとして、1秒間で100万人の顔データの照合が可能な「NeoFace Ver2.4」を製品化した。

[ITmedia]

 NECは3月2日、顔認証技術を活用した製品やシステムを開発するための基盤ソフトである顔検出および顔照合エンジン「NeoFace」シリーズとして、1秒間で100万人の顔データの照合が可能な「NeoFace Ver2.4」を製品化し、同日から販売を開始したと発表した。

 また、ソフト開発のグッドフェローズと「NeoFace」を活用した製品開発、販売で協業することを併せて明らかにしている。第一弾として、グッドフェローズは、顔認証で扉の開閉管理を行うオフィス用キャビネット「フェイスキーキャビネット」、顔認証で時刻を登録する出退勤管理システム「NeoFace朝顔」を製品化した。

 NeoFace Ver2.4の価格は250万円からで、5月の販売開始を予定している。NECはNeoFaceを今後3年間で5000ライセンス販売するとしている。

 また、グッドフェローズのフェイスキーキャビネットは296万円で4月3日の出荷、NeoFace朝顔は68万円からで3月6日の出荷を予定している。3年間で300セット、NeoFace朝顔を3年間で600セットの販売をすることを見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -