ニュース
» 2006年03月03日 16時00分 公開

ベリサイン、MSS展開に向け「CyberNotice」サービスを統合

日本ベリサインは、伊藤忠商事の提供するセキュリティ情報配信サービス「CyberNotice」の営業譲渡を受けることで基本合意したと明かした。

[ITmedia]

 日本ベリサインは3月3日、伊藤忠商事の行うセキュリティ情報配信サービス「CyberNotice」の営業譲渡を受けることで基本合意したと明かした。伊藤忠商事は3月31日を目途に営業譲渡する方針で、今後、具体的な条件を協議していく。

 CyberNoticeサービスは2002年1月から、伊藤忠商事の事業会社だったサイバーディフェンスが米iDefense(現:米VeriSign)からライセンス供与を受け、日本語版として展開しているもの。セキュリティの専門家が分析・検証した最新の脆弱性情報などを顧客企業に提供している。

 日本ベリサインは、マネージドセキュリティサービス(MSS)の展開を予定しており、CyberNoticeサービスと統合させていくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -