ニュース
» 2006年03月09日 17時41分 公開

ベリサイン、ITIL導入やISO/IEC20000認証取得を支援するコンサルサービス

日本ベリサインは、ITIL(IT Infrastructure Library)の導入とISO/IEC20000認証取得を支援するコンサルティングサービスを開始した。

[ITmedia]

 日本ベリサインは3月9日より、ITサービスの品質向上と効率的な運用の実現に向け、ITIL(IT Infrastructure Library)の導入とISO/IEC20000認証取得を支援するコンサルティングサービスの提供を開始した。価格はいずれも個別見積もりとなる。

 ITILは、英国政府が開発した、ITサービス管理・運用に関するベストプラクティスをまとめたガイドライン。ITプロセスの設計と構築、改善を通じ、サービスレベルに基づく質の高いサービスを提供し、全体最適化を実現することを目的としている。ISO/IEC20000は、ITILを基に作成されたITサービスマネジメントに関する国際規格で、2005年12月に発行された。

 ITIL導入支援サービスでは、ITILトレーニングのほか、ITSMプロセスのアセスメント、ITILプロセスの導入支援などを行う。ITILのベストプラクティスを基に現状のITサービスを調査、分析することにより、品質向上やコスト削減を実現するための課題を洗い出し、管理体制の整備につなげていく。

 またISO/IEC20000認証取得支援サービスでは、現状分析とギャップの洗い出しを行い、ITILの観点から運用プロセスについての分析と問題点の抽出、プロセス改善目標の提示などを実施。日本ベリサインが運用構築コンサルティングで培ってきた経験やノウハウを活用して、6カ月〜12カ月の期間でのISO/IEC20000認証取得を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -