ニュース
» 2006年03月10日 16時05分 公開

アイマトリックス、「ゼロデイ攻撃」を防ぐアンチウイルスゲートウェイ

アイマトリックスは、メールセキュリティアプライアンス「マトリックススキャン」用のウイルス対策機能の販売を開始した。

[ITmedia]

 セキュリティ関連ベンチャーのアイマトリックスは、メールセキュリティアプライアンス製品「マトリックススキャン」用のウイルス対策機能の販売を開始した。

 新規に追加された「リアルタイム アンチウイルス」機能は、メールの特徴や振る舞いを分析してスパムメールを検知するマトリックススキャン用のアンチスパム機能に使われる技術を応用したもの。リアルタイムで未知のウイルスメールやウイルス感染の疑いのあるメールの特徴、振る舞いを分析して、感染を防御することができるという。パターンマッチングによるウイルス対策手法との差別化を図った。

 リアルタイムアンチウイルスを搭載したアプライアンスの価格は、ユーザー数50人のSOHO向けで49万8000円から。

 マトリックススキャンは、KDDI DIONの迷惑メール対策エンジンとして採用されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -