ニュース
» 2006年03月15日 15時54分 公開

テイルバックがデータ改ざん防止可能なストレージサービスを開始、NetAppのツールを採用

テイルバックと日本ネットワーク・アプライアンス、ユーディービー・リナックス・ジャパンの3社は3月15日、日本版SOX法を見据えたデータ改ざん防止の可能なストレージサービス「GrowServer エンタープライズサービス」を発表した。従業員300人程度の中堅企業が対象。

[ITmedia]

 テイルバックと日本ネットワーク・アプライアンス(NetApp)、ユーディービー・リナックス・ジャパン(ULJ)の3社は3月15日、データ改ざん防止ストレージサービス「GrowServer エンタープライズサービス」で提携することを発表した。従業員300人程度の中堅企業がサービスの対象となる。

 3月20日より開始される「ファイルサーバサービス」は、テイルバックのレンタルサーバ、NAS、データ改ざん防止ソフトを用いてストレージ上のバックアップデータの改ざんを防ぐもので、GrowServer エンタープライズサービスの1サービスとなる。

 e文書法や今後施行予定の日本版SOX法では、財務関連文書やログデータを適切に記録し、改ざんできない媒体に保存することが義務付けられる。NetAppが提供する「FAS3000シリーズ」と改ざん防止ソフト「LockVault」の組み合わせでは、ストレージ上にデータの書き込みが行われると、指定保管日に基づいて上書きや変更、消去ができないようにするWORM(Write Once/Read Many)ボリュームを作成し、重要なデータの長期保存が行えるようになる。また、ユーザー認証やアクセスコントロール、暗号化、監査ログといったセキュリティ対策やヴイエムウェアの仮想化サーバを利用したリソースのプロビジョニングにも対応する。

 GrowServer エンタープライズサービスは、テイルバックがNetAppの技術支援を受けながら提供していく。販売はテイルバックのほか、一部販売権を委託したULJからも行われる。ファイルサーバサービスの料金は、月額21万円から。2008年までに160社への販売を目標としている。

 今後3社では、同サービスをメールアーカイブや会計システムとの連携にも展開する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -